日常の効率化

1日の決断回数は35000回!脳と心に負荷をかけないために知っておくべきこと

人は1日に35,000回もの決断をしており、
その決断が脳と心に負荷をかけることもある。
…ということをあなたは知っていますか?

この記事はこんな方にオススメ
  • 考えることに疲れてしまっている方
  • 仕事で判断ミスが多い方
  • なぜだか分からないけどストレスを感じている方

こちらの記事から得られること
  • 人間の決断回数について分かる
  • 判断ミス、ストレスの原因が分かる
  • 判断ミス、ストレスを回避する方法が分かる

人の脳について理解し、
脳と心の負担軽減の参考にしてください。

自己肯定感が低い人間は、1日の中で不幸を選択する回数が多いどうしてもネガティブなことばかり考えてしまうのは性格だから仕方ない…というのは間違いです。人間は1日に何度も選択・判断する回数を与えられています。マイナスなことを考え続けないよう、思考の癖を変えていけば、これからの人生がもっと生きやすくなっていきます。まずはあなたの思考の癖を見つめ直してみましょう。...

人は1日で35,000回も決断をしている

人は1日で35,000回も決断をしています。
そんなに多いとは思いませんよね。

確かに
「よし!AとBどちらにするか決断するぞ」
「うん。Aにしよう」
と意識して決断したものだけを数えれば、そこまで大きな数字も決断をしているようには思えません。

しかし人は無意識に近い決断もしていて、その回数は35,000回にもなるのです。

例えば
●朝起きて、まずはトレイに行くか、うがいをするか、朝食の準備からするか
●朝食を食べるのか、食べないのか
●朝食は何を食べるか
●服はどれを着るか
●バッグはどれにするか
●靴はどれにするか
●どの仕事から手をつけるか
●どちらを選べばプロジェクトが成功するか

細かく挙げればキリがないほどです。

\人気レストランのシェフの味が自宅に届く!/

人間関係において思考に気をつけるべき理由組織に属している以上、どうせ切ることができない人間関係なら少しでも良好に。 自分にとって不利益のない程度の関係を…。 マイナス思考をプラス思考に改善することと同様に、思考に気をつけることが良好な人間関係には必要です。...

決断の回数上限とその弊害

人の決断の回数の上限は個人差があります。

自分の上限回数を超えると、どうなるか。

上限回数を超えると、脳は疲れきってしまい、思考から決断までが適当になってしまいます。

暴飲暴食、衝動買いは脳が疲れきってしまい、判断能力が落ちた時の典型的な例です。

つまり、思考から決断までが適当になり、判断ミスをすようになるということです。

\「1分寝るだけ」で下腹に効果実感!/

苦手な片付けは克服!整理整頓が脳にもたらす3つのメリット私の職場のデスクは自分で言うのもおかしいですがとても綺麗です。仕事が終わると全てのものを引き出しに片付けるため、デスクの上には何も置いていない状態です。しかし以前の私は、片付けが苦手!特に洋服は整理整頓ができず、ソファーの上に出しっぱなしでした。片付けは苦手でも、片付け方を知り、片付け癖をつけると誰にでもできます。...

決断が多いとストレスになる

決断する場面が多いと脳が疲れ、決断までの思考が十分になされないようになり、人はストレスを感じるようになります。

仕事の場面ではミスも増えるので、それもストレスの一因となります。

決断までの思考を冷静にするためには、決断の回数を減らす必要があるのです。

\不用品をお金に変えたい!フリマ出品の時間は節約したい!/

男女の思考の違い男性と女性では基本的な思考が違います。男女関係でいつも上手くいかない人は男女で思考がどのように違うかを理解すると、お互い居心地良くなるか対処法が分かるようになります。そして不要な喧嘩や揉め事を避けられます。この記事では男女の思考の違いについてご紹介しています。思考の違いを理解して夫婦関係・恋人関係を円満にしましょう。...

決断の回数を減らす方法

決断の多さが原因となる判断ミスやストレスは、1日の決断の回数を減らすことが必要です。

1日の決断回数は35000回!脳と心に負荷をかけないために知っておくべきこと

例えば、

<脳と心の余裕があるとき>
この先1週間に着る服のコーディネートを決めておく。

\満足度91.8%!/
\スタイリストのコーディネートでおしゃれ度アップ!/

<朝食>
常に同じメニュー。
もしくは曜日ごとに決まっているなど、毎日考えなくても済むようにしておく。

\あなたの好み、体調に合わせてスムージーをお届け/

これらのような対応をしておくと、1日の決断の回数を減らすことができます。

そして、他の決断に脳を使うための余裕ができるため、脳の疲れからくる判断力低下やストレスを回避することができます。

\夕食づくりをたまには休憩を♡/
\栄養面も充実したお弁当を自宅へお届け/

人間関係の断捨離をすると思考の癖を変えられる!職場や学校…組織に属しているとお付き合いせざるを得ない人間関係に辟易することもありますよね。あなたの人生において、足を引っ張ったり邪魔をするものが出てくるかもしれません。人間関係の断捨離というものは勇気と覚悟が必要です。この記事ではあなたの人生を邪魔する人から離れる方法、人間関係の断捨離についてお伝えします。...

まとめ

生活の中で前もって決めておけるもの
…というのは、考えだすと意外に多くあります。

冷静な判断、決断、ストレス軽減ができるように、
日常生活の決められるところは前もって決めてみましょう(^ ^)

\家の中を思いっきり断捨離してスッキリ!/

\家事の時間を節約!プロの手を借りて自分を甘やかす時間を/

嫌いな人を思考から排除する方法休日や、その人がいない場面においても嫌いな人のことを考えてしまう。 イライラして、心が暗くなってしまってせっかくの休日がもったいないですよね。 思考が嫌いな人のことで支配されることは人生において損なことばかりです。この記事では「嫌いな人の存在を忘れる方法」「思考から排除する方法」「嫌いな人を遠ざける方法」をお伝えします...

こちらの記事もおすすめ!