思考改善トレーニング

エビングハウスの忘却曲線を活用して生きやすくなる方法

エビングハウスの忘却曲線というものをご存知でしょうか?

嫌な事ばかり頭に浮かんでしまうネガティブな生き方。
このエビングハウスの忘却曲線を活用すると、そのネガティブな生き方を変えることができるかもしれません。

この記事ではエビングハウスの忘却曲線についての詳細と、どのように活用すると嫌なことを思い出さない方向に自分を持っていけるのかをご紹介します。

ポジティブな生き方に少しずつ変えるための活用の仕方もお伝えしますので、人生を楽しいと感じる時間を増やしていきましょう。

エビングハウスの忘却曲線とは

エビングハウスの忘却曲線とは、ヘルマン・エビングハウスというドイツの心理学者が提唱したもので
「一度覚えた事柄を、もう一度覚えるためにかかる時間をどれくらい短縮できるか」
を数値化したものです。

20分後の節約率58%
1時間後の節約率44%
9時間後の節約率35%
1日後の節約率34%
2日後の節約率27%
6日後の節約率25%
1ヶ月後の節約率21%
エビングハウスの忘却曲線

この表から言えるのは20分以内に再度覚えたことを覚え直そうとすると、覚えるための時間を58%節約でき、1ヶ月後に覚え直そうとすると時間は21%しか節約できずほぼ忘れていたということです。

つまり人間の脳は時間が経つと忘れやすく、短い期間で復習を繰り返し行うとしっかりと記憶され身につきやすいということが言えます。

嫌な予定があるときの乗り越え方今後の予定の中に嫌な予定があると、ふとした時に思い出して憂鬱な気分になりますよね。 楽しい時間を過ごしている最中にも、その予定が頭の中をよぎり、目の前の楽しいことに集中できなかったり…今回お伝えする方法で考え方・思考の癖を変えて、嫌な予定を簡単に乗り越えられるようにしましょう。...

エビングハウスの忘却曲線の誤解

先述したようにエビングハウスの忘却曲線とは
「一度覚えた事柄をもう一度覚えるためにかかる時間をどれくらい短縮できるか」
を指します。

記憶を覚えている割合、記憶を保持できた割合を指していると誤解されることもあるようですが、そうではありません。

再度記憶するためにかかった時間をどれだけ節約できたか。

つまり
再度覚えるまでの時間や回数の負担をどれだけ減らせたのか
がエビングハウスの忘却曲線なのです。

人が記憶できるまでの復習する期間と時間の関係

カナダのウォータールー大学の研究によると、何も知らなかった知識を学習して記憶したところを100%とすると

  1. 学習後24時間以内に10分の復習
    →再び記憶が100%に戻る
  2. 1週間以内に5分の復習
    →再び記憶が100%に戻る
  3. 1ヶ月以内に2分〜4分の復習
    →再び記憶が100%に戻る

このように❶〜❸の復習をすることにより、人の記憶は定着しやすいとされています。

復習しないでいると、人はその事柄・知識をどんどん忘れていくのです。

エビングハウスの忘却曲線で生きやすくするポイント

さて、ここまででエビングハウスの忘却曲線と、それと共に復習の大切さを書かせていただきました。

ここからはそのエビングハウスの忘却曲線を活用していきやすくするポイントをご紹介します。

エビングハウスの忘却曲線を活用して生きやすくなる方法

悩みや辛かったことは思い出す隙を与えないことでネガティブ解消

嫌な事ばかり思い出してしまうネガティブ思考さん。

嫌なことは寝てしまえば翌日には忘れる♫
というポジティブ・楽観主義な生き方の人がうらやましくなりますよね。

…かと言って、
「自分とその人は別。嫌なことを思い出してしまうのは仕方ない。だって勝手に頭の中に浮かんでしまうんだもの。繊細な性格のせいね。」
…なんて、そこだけポジティブになるのはやめましょう。

エビングハウスの忘却曲線の視点から見ると、
嫌な事ばかり考えてしまうということは、
毎日忘れないために復習をこなしていること

  1. 短い期間で何回も何回も思い出して復習。
  2. 忘れられないくらいに記憶に根付く。

自分自身で嫌なことを忘れない状況を作り出してしまっています。
思い出すことをしなければ、人はどんどん忘れていくにも関わらず…。
これでは悪循環ですよね。

では、どうしたら良いのか。

それは
脳や行動を忙しくすること。
考える隙を与えない生活をすること。

すると、
思い出す=復習
をしなくなるので、その嫌なことが少しずつ記憶から薄れていくのです。

楽しいこと、ワクワクすることは繰り返し思い出すことでポジティブ思考に

いつもウキウキ・ワクワク楽しそうに生きている人は、ポジティブなことに目を向けることができています。

今までネガティブな生き方が染み付いてしまっているのであれば、今日から意識して過去の楽しかったことを思い出したり、未来の楽しみを頭に浮かべるようにしてみましょう。

これもエビングハウスの忘却曲線の視点から見たら、先ほどの嫌なことを何回も思い出して記憶に根付かせることと同じです。
何回も何回も思い出して復習し、忘れられないくらいに記憶に根付かせる。

違うのは、思い出す内容が
ネガティブかポジティブな内容なのか。

ポジティブな内容を繰り返し思い出すことで、頭の中の記憶の倉庫にはポジティブな内容のものが増えてい久野です。

するとどうなるのか。

頭の中が暇な時、勝手に頭の中に浮かぶ内容が、ポジティブな内容になっていくのです。

どうにもならないような過去の嫌なこと
どうにもならないような未来への漠然とした不安

そういったものが頭の中に浮かばなくなり、ポジティブな内容が勝手に頭の中に浮かんでくる。

これだけで今までの生き方よりずっと心が楽になりませんか?

ネガティブな内容を何度も思い出すは今日からやめて、ポジティブな内容を思い出すことを繰り返してみましょう。
そして記憶の倉庫をポジティブな内容でいっぱいにしていきましょう。

過去記事
「幸せになる口癖を身につけよう」
もぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!