人間関係

謙遜は美徳ではない。褒め言葉の受け取り上手になろう。

あなたは誰かに褒められた時、ついつい
「そんなことないです」
とか謙遜してしまっていないですか?

今日からそれはやめましょう。
謙遜は美徳ではないですよd( ̄  ̄)

この記事では、ついつい謙遜しがちな方に向けて、謙遜することによるデメリットと、褒め言葉の受け取り方についてお伝えします。

謙遜をやめることにより、人間関係も良好に変化していきますよ♪

自己評価・自己肯定感が低いと謙遜しすぎる

自己評価が低いと
「私なんて、そんな風に褒められるような人間じゃない」
と考えがちです。

よって、褒められると
●その言葉を疑う
●どう反応したらいいのか動揺
そんな方も多いのではないでしょうか?

✅どうやって答えるのが正解なんだろう…
✅答え方を間違えたら調子に乗っていると思われるかな…
✅真に受けた・本気にしたと思われていないかな…
✅私に媚びて社内での評価を良くしようとしているのかな…

こんなことが頭の中で一瞬のうちにグルグル。

そして結局出る言葉が、謙遜の言葉・ジェスチャー。

  • 「いえいえ」
  • 「そんなことないです」
  • 首を横に振って否定
  • 手を横に振って否定

自己評価・自己肯定感が低い人のありがちな行動です。



楽天1位獲得の超本格派トリートメント『BIMERA』 3ステップで驚きの指通りに 今なら新規限定価格でお試しいただけます♪

美容室生まれの本格トリートメント『BIMERA』

仕事終わりの一言で自己肯定感を上げる自己肯定感が低い人は自分には何も取り柄がない、ただ生きているだけ…と勘違いしている人も多いです。仕事終わり、もしくは家事・育児が一段落してから、自分自身に言葉を掛けると自己肯定感を高める一歩になります。まずはマイナス思考から抜け出す方法の中の今回ご紹介する一つだけでいいので、日課としてぜひ取り入れてみましょう。...

褒め言葉は素直に受け取ることが相手への誠意

褒める側に立ってみましょう。

謙遜されすぎると、
「そこまで否定しなくても…」
と、あまりいい印象を受けません。

場合によっては、わざと謙遜しているようにすら見えます。

つまり、謙遜しすぎてもお互い良いことないのです。

謙遜は美徳ではない。褒め言葉の受け取り上手になろう

褒める側は、あなたに不快になってもらおうと思って褒めていません。
素直に受け取ってもらえた方が嬉しいのです。

「ありがとう」
「そのように見えるなんて嬉しいです」

こんなカンジのポジティブな言葉で受け取りましょう。
それが相手に対する誠意です。

今は褒め言葉を本当かどうか疑ってしまっても、ポジティブな言葉で返しましょう。
そしていずれは、自己評価・自己肯定感を高め、その褒め言葉を素直に受け取れるようにしましょう。



全グループレッスンで、オンライン受講も選択可能!

ピラティス専門スタジオzen place pilates

人と比較し劣等感を感じる時の対処法あの子は素敵な彼氏がいていいな…あの子はスタイル良くていいな…あの子はお金を持っていていいな…あの子は結婚していていいな…あの子は子供がいていいな…あの子は幸せそうでいいな…それなのに私は… こんな感情やコンプレックスに心が支配されることはありませんか? 劣等感に苦しんでいる方へその感情の対処法をお伝えします。...

まとめ

急に褒め言葉の受け取り上手にはなれません。

私もそうですから。

未だに恥ずかしさが先に来て、一瞬頭で考えてから
「ありがとうございます」
と答えてしまっています。
この微妙な間をなくすことが今の私の目標です。

しかし、褒めてくれた相手が私の
「ありがとうございます」
というポジティブな返答の後に見せる笑顔や、二人の間に流れる明るい空気を何度も感じたため、今までこうやって続けてこられました。

褒め言葉は素直に受け止め、ポジティブな言葉で。
あなたも意識してみてください(^ ^)



履いて寝るだけで翌朝すっきり!美脚を目指して…着圧ソックス【Sulali Slim(スラリスリム)】

すみませんが口癖の生き方を変えるべきワケあなたは「すみません」が口癖になっていませんか?もし、口癖になっているのであれば 今日からやめましょう(^ ^)状況によって相応しい言葉を。そして、相手にも嬉しくなってもらえるようなポジティブな言葉を発しましょう。...
こちらの記事もおすすめ!