マイナス思考の分析

睡眠不足は簡単解消法で今すぐ撃退!精神を病む前にやるべきこと

体の健康、心の健康のためには睡眠は切っても切り離せない重要なものです。

睡眠不足が続くと体調不良やうつになる原因の一つになったりと、さまざまな弊害がでます。
睡眠不足がもたらす影響を理解し、この記事でご紹介する方法で今すぐ睡眠不足を解消してみてください。
そして体と心の健康を手に入れましょう。

他者へ攻撃的になるマイナス思考マイナス思考の人間は弱い人間ばかりではなく、他者へ攻撃的な人間もいます。他者へ攻撃的な人間はどのような思考なのかを知っておくとよいでしょう。そして、自分自身を守るために、適度に距離を取りましょう。...

睡眠不足がもたらす影響

睡眠不足は疲労回復をさまたげる

後述しますが、睡眠不足は体を休ませるためのレム睡眠が十分にとれません。
そのため日々の疲労が蓄積していきます。

また、人によっては睡眠不足によりだるいと感じたり、ぼーっとする、もしくは頭が重いと感じたり頭痛を引き起こすこともあります。

睡眠不足は美肌の敵

成長ホルモンは子供の成長期にだけ必要なものというわけではありません。

大人も成長ホルモンは分泌されています。
この成長ホルモンは体や肌を修復する役割があります。
よって、睡眠不足が続くと肌荒れをひきおこし、美肌から遠ざかります。

睡眠不足がイライラを引き起こす

睡眠不足により体や脳を十分に休ませることができないと、ストレス解消が滞り、怒りの沸点が低くなります。

睡眠が十分にとれていたときは、こんなことでは怒らなかったはずなのに…という小さなことでもなぜだかイライラしてしまうのです。

睡眠不足は簡単解消法で今すぐ撃退!精神を病む前にやるべきこと。体の健康、心の健康のためには睡眠は切っても切り離せない重要なものです。 睡眠不足が続くとさまざまな弊害がでます。眠れないから睡眠不足になってしまうとあきらめてはいけません。眠れるようになる解消法を参考にしてみてください。この記事で睡眠不足がもたらす影響を理解し、今すぐ睡眠不足を解消して、体と心の健康を手に入れましょう。

睡眠不足によりこのような状態に陥っていると、客観的に自分のことを見ることができていればいいですが、ほとんどの場合自分を客観的に見る余裕すらなくなっています。
イライラしていることに集中してしまい、自分がいつもよりイライラしやすくなっていることに目を向けられなくなっているのです。

周りからは、まるで性格が変わってしまったかのような状態に見えます。

睡眠不足がうつへと繋がる可能性も

睡眠不足は自律神経やホルモンのバランスを崩します。
また、情報や記憶の整理ができていない状態になるので、判断能力を低下させます。
そして大きな不安感に襲われたり、抑うつが強くなっていき、精神状態が悪化しうつへと繋がるのです。

出産後の睡眠不足は、産後うつの原因の一つともいわれています。



枕の買い換えはもういらない!?枕難民が最後にたどりつく枕テクノジェルコントアーピロー2

誰かにイライラしてしまう原因と抑える方法誰かにイライラすると疲れてしまうと分かっているのに●頻繁にイライラしてしまう●イライラが止まらない●イライラが大きくなっていくのを抑えられない。今回はそんな人の原因とイライラを抑える方法についてお伝えします。...

スッキリ目覚めがいい理想の睡眠時間

レム睡眠とノンレム睡眠の周期をうまく利用する

人間の睡眠は浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

  • レム睡眠は体を休ませる時間です。記憶を整理したり定着させたりします。
  • ノンレム睡眠は脳を休ませる時間です。成長ホルモンを分泌させています。

どちらも人間にとって大事な睡眠です。

このレム睡眠、ノンレム睡眠を人は90分程度で繰り返しています。
人がスッキリ目覚めることができるのは、この90分で割り切れる睡眠時間と言われています。

細切れ睡眠は意味がない

私も子供を産んだときに経験しましたが、赤ちゃんがいる生活では、どうしても細切れ睡眠になる時期があります。

たとえ1時間半の睡眠を4回繰り返して合計6時間眠れたとしても、まったくスッキリしません。

レム睡眠、ノンレム睡眠はセットであり、この二つをしっかり繰り返すことができなければ、脳も体も休息がとれていない状態になります。

オススメな1日の睡眠時間

7時間以上の睡眠が死亡リスクを減らすといわれています。

しかし、先述したレム睡眠とノンレム睡眠のことを考えると、ピッタリ7時間ではなく、私は7時間半の睡眠がオススメです。

  • 7時間以上で死亡リスクが低くなる
  • 1時間半で割り切れるためスッキリ目覚めることができる

このポイントを覚えておきましょう。

心を明るくする 朝一にすべき行動1日の初めにする簡単な行動で、心を前向きに明るくする方法を今回はお伝えします。このマイナス思考から抜け出す方法を取り入れることにより、思考の癖が改善され、1日の中のマイナス思考で過ごしてしまう時間が激減。自己肯定感を高めることにも繋がります。とにかく簡単なマイナス思考から抜け出す方法なので是非取り入れてみてください♫...



腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】

睡眠不足の解消法

毎日の寝る時間と起きる時間を固定化

例えば
23時に就寝、起床は6時30分
これを固定化しましょう。
休日だからといって多く寝るということも、生活リズムを乱すことになり、仕事がある日に眠れなくなる…ということもあるので、休日も同じ生活リズムで過ごしましょう。

寝る前の入眠儀式を作る

自然な眠気が訪れるようにするには、体の生体リズムを整えることが大切です。

寝る時間、起きる時間とともに、寝る前を毎日同じ習慣を行うようにしてみましょう。
これを入眠儀式といいます。

  • ストレッチをする
  • 読書をする
  • 日記をつける
  • さ湯を飲む
  • 同じ時間にお風呂に入る

入眠儀式と聞くと何か特別なことをしなくてはいけないような気がするかもしれませんが、簡単なことで大丈夫です。
あなたがリラックスでき、毎日続けられることを取り入れてみましょう。

毎日の同じことをするルーティンによりリラックスし、副交感神経が優位になり眠気を誘います。

起床時に朝日を浴びる

朝に太陽の光を浴びると、神経伝達物質のセロトニンが分泌されます。
そしてこのセロトニンが、夜になると眠くなるようになる睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を促します。
朝、起きてすぐに太陽の光を浴びることがポイントです。

メラトニンの分泌が少なく眠りが浅くなると、βアミロイドがたまりやすくなり、アルツハイマー型認知症の原因になるといわれています。
起床してすぐに朝日を浴びるというのはとても重要なことなのです。

ーーー

睡眠は人間にとってとても大切なものです。
それは体のためだけでなく、心のためにも。
より良い人生を送るためにも睡眠不足を解消しましょう。



64万人の患者様の声から誕生した腰痛対策マットレス『ドクタータフィ』

1日の決断回数は35000回!脳と心に負荷をかけないために知っておくべきこと人は1日に35,000回もの決断をしており、その決断が脳と心に負荷をかけることもある。 …ということを貴方は知っていますか?決断の回数は多すぎると判断ミスやストレスに繋がります。脳と心の負担軽減のためにも、人の脳について理解しておきましょう。...



首・肩・腰の痛みを寝てるうちに治したい!

こちらの記事もおすすめ!